結婚にまつわるキーワード 大切なことだから覚えておきたいキーワード
結婚にまつわるキーワード
非婚化とは?
年齢と結婚
結婚にまつわるホンネ 女子編
結婚にまつわるホンネ 男子編
結婚にまつわるホンネ 親編
子育てと結婚
結婚にまつわるキーワード
結婚にまつわるホンネ 親編
ある程度の年齢になった独身者は親の不可解な行動に頭を悩ませることがある。結婚情報誌や結婚相談所のCMもしくは芸能人の結婚報道が流れるとチャンネルを慌てて変えると言った話はよく聞くし、筆者も一時身をもってそれを経験した。どうやら気を使われているようだと言うことは分かるが、あまりにあからさま過ぎて苦笑を禁じ得ない。
また、桃の節句で飾る雛人形は3月3日を過ぎたらすぐにしまう(地域によって差がある)ようにと言う言いつけをされている人が多いかと思うが、これはしまい忘れると娘が嫁に行き遅れると言う伝説があるためである。中には、父親が娘を嫁に行かせない為にしまわせないと言う微笑ましい話もあるが、大体の家では母親がすぐにしまうようだ。
最近、親が雛人形をしまうのが遅くなったと思い、文句をいったら「どうせもう手遅れでしょ」と言う痛烈な1言を食らった知人もいる。それとは正反対に、毎年しまう日が早くなり、このところは3日の昼半ばにはしまわれてしまうと言う人もいる。
無論、これは単なる迷信だが人形ひとつに親の本音が透かし見えるようでなかなか興味深い。子の結婚は気になるが、言葉で言うと反発されるので暗に雛人形を通じてせっつく人も多いようだ。
相手が親でなくとも、独身者の周囲の行動は年齢と共に変化していく。親族に会った時の相手の決まり文句が20代前半では「いいお嫁さんになってね」だったのが、30も近くなると「お父様、お母様を大事にね。ずっとそばにいてあげてね」に変化した。
ある年齢を過ぎると、旅行先のお土産のお守りが「縁結び」から「健康祈願」に様変わりしたと言う経験をした人も少なくない。無言のそのプレッシャーが一体どんな結果に結びつくかは神のみぞ知る。

Copyright (C) 結婚にまつわるキーワード 大切なことだから覚えておきたいキーワード All Rights Reserved